学部案内

学科長のメッセージ

看護学科長 西村 ユミ

首都大学東京健康福祉学部看護学科は、1986年に東京都立医療技術短期大学として設立され、その後、東京都立保健科学大学保健科学部を経て、2005年に新しい都立の大学として設立されました。現在、看護専門職として多くの卒業生が、多様な医療・教育機関や行政、企業などで、健康にかかわる課題に取り組んでおります。活躍の幅は地域の隅々から他国にまで広がり、人々の暮らしを支える人材として、高く評価されております。

このような、多様な場で専門家として活躍できる人材を育成するために、また、援助を必要とする人々がその人らしく暮らすことができる看護をめざして、本学科では、看護に関する基本的な考え方や態度、及び、幅広い専門領域における援助技術を身につけることのできるカリキュラムを用意しています。また、看護は援助を求める人々との相互作用によって成り立ちます。学生の皆さんの学習においても、一方的に知識を得るスタイルではなく、教員とともに試行錯誤しながら学生が相互に刺激を与えあい、主体性をもって学ぶことのできる体制を整えてい
ます。

学科長・西村ユミ

看護学科長 西村 ユミ

専門・研究分野
成人看護学
学位
日本赤十字看護大学大学院看護学研究科博士後期課程・博士(看護学)
研究テーマ
病院の看護をつくる実践知の記述的研究
急性期医療の看護場面における実践知の記述的研究
ケアの現象学の具体的展開と組織化
現象学的看護研究の教育方法の確立