学部案内

学科長のメッセージ

看護学科長 織井 優貴子

織井 優貴子

東京都立大学健康福祉学部看護学科は、1986年に東京都立医療技術短期大学として設立されました。その後、東京都立保健科学大学保健科学部を経て、2005年に新しい東京都立の大学として4つの大学が再編・統合され、中規模総合大学として「首都大学東京」が設置されました。2020年には、「東京都立大学」に名称が変更され、現在、主に、南大沢キャンパス、日野キャンパス、荒川キャンパスで「都立大学生」として学んでいます。

健康福祉学部は、荒川キャンパスにありますが、1年次は、南大沢キャンパスで基礎・教養科目群を学び、2年次以降、看護専門職になるための専門科目のほとんどを荒川キャンパスで学びます。
また、中規模総合大学の特徴を活かし、さまざまな留学プログラムがあり、海外で学ぶ機会を作ることも可能です。さらに、4年間を通じて教員が学生をサポートする学年担任制をとっており、個々の学修を支援しています。

本学は、短期大学からスタートしてまだ35年ですが、卒業生は、医療・教育機関や行政、企業など国内外で活躍しています。
「看護師になる」という決意と実行力は必ず実になります。決心して、始めて、そして続けることが大切です。最初は「難しい」と思っても少しずつでも「続ける」ことです。最初はうまくいかなくとも、チャレンジし続けることが大切です。

大都市の健康、地域の健康、世界の健康を築く看護職者をめざして、最初の一歩を踏み出しましょう。